福岡市 箱崎 歯科 さかもと歯科

TEL 092-651-0126

24hカウンセリング診療予約

医院ブログ

お知らせ、最新情報、院長のこだわり・考えなど、坂本歯科医院をもっと深く知ることができます。

サイマティクスセラピー

可聴域の音をつかった、サイマティクスセラピーを行っています。歯科治療が怖い方、治療を嫌がるお子様などにお勧めです。

矯正歯科

歯並びは一生を変えてしまうほどの影響があります。矯正歯科ではたくさんの人に幸せを提供しています。

インプラント歯科

自分の歯が甦り、他の歯を守るインプラント。手術が恐い?長持ちする?安全?高いんじゃないの?という疑問にお答えします。

審美歯科

歯の変色、黄ばみ、見た目に悩んでいる方はこちらをご覧下さい。

予防歯科

健康と笑顔あふれる生活をおくるため、定期的なお口の健診とお手入れをしましょう。

予防歯科

歯周病でお悩みの方、抜かないといけないと歯医者で言われてお悩みの方はこちらをご覧下さい。

アンチエイジング

アンチエイジング療法。それは医療と癒しと美容を融合した療法です。

プライスリスト

自費治療にかかる費用をご案内します。

歯周病治療

どうして歯周病になるの?

歯周病とは、歯と歯ぐきの間に繁殖する細菌に感染し、歯の周りに炎症が起こる病気です

炎症が歯ぐきに限定されているときは歯肉炎、それ以上に進行すると歯周炎(歯槽膿漏)と呼ばれます。

はじめはほぼ自覚症状がないまま進行し、歯周炎になると歯が抜け落ちたりするばかりでなく、全身に影響が及ぶことがあります。

11

歯周病を引き起こす原因は?

歯が十分に磨けていないと、歯垢(プラーク)という細菌の集まりが歯と歯ぐきの間の溝にたまります。歯周病はこの細菌が繁殖することで起こります。歯ぐきが赤くブヨブヨとした感じになったり、出血しやすくなるのは、細菌による毒素によって炎症を起こしているからです。

歯垢を放っておくとやがて石灰化し歯石へと変化します。歯石は歯みがきなどでは取り除けないため、歯科医でとってもらわなければなりません。歯垢や歯石をためていると歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなり、さらに歯垢がたまりやすくなって、歯周病を進行させる要因になります。

歯肉炎から歯周炎へと移行すると膿が出て口臭の原因になる、歯槽骨が溶け支えられなくなった歯が抜け落ちてしまうなどの症状が進みます。

ストレスや喫煙などの生活習慣や、糖尿病などの病気によって免疫機能が落ちていると、病気は進行しやすくなります。

歯周病の主な原因

歯周病になる原因は実はいろりろあり、微生物や環境と言った様々な原因があります。具体的には

微生物因子(歯周病菌)

プラークの中の歯周病の原因となる微生物(歯周病菌)の存在

環境因子

・喫煙
・口の中の清掃不良
・初診時のポケットの深さ
・プラークの付着量
・ストレス
・口腔清掃教育の達成率
・食生活・専門医への受診回数 など

またプラークの溜まりやすい、歯に合っていない被せ物があることなども含まれます。さらに口呼吸、すなわち口で呼吸をする習慣のある人も、口の中の粘膜や歯ぐきが乾燥しやすくなり、炎症を起こしやすいのでこれに含まれます。

宿主因子

・年齢
・人種
・歯数
・糖尿病
・歯肉滲出液中の物質
・白血球機能
・遺伝 など

よく歯を磨かなくてもむし歯や歯周病にかかりにくい人がいます。その理由のひとつには、生まれつきの私達の体の特徴があります。例えば、体を守る防衛軍である白血球などの力、すなわち体の免疫機能の違いもあります。

咬合因子(環境因子に含む場合もあり)

悪いかみ合わせ(外傷性咬合)、例えば歯ぎしり(ブラキシズム)や歯の食いしばりなど、歯に強い負担がかかる状態などが含まれます。

このように、歯周病を引き起こしやすい状態の輪(各因子)が重複することで、歯周病発症の危険性が高まります。特に、歯みがきを怠る口の中の清掃不良に加え喫煙などの生活習慣、過度のストレス、体調不良による宿主(体)の抵抗力の低下などが加わるととても危険です。規則正しい生活習慣は、歯周病を寄せ付けないためにも大切な事です。また、生まれつき歯周病にかかりやすい方もいますので、自分の体についての情報を知る事も大切です。

歯周病の症状

歯と歯ぐき(歯肉)のすきま(歯周ポケット)から侵入した細菌が、歯肉に炎症を引き起こし、さらには歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう病気を歯周病といいます。むし歯と異なり痛みが出ないことの方が多いのですが、気づかないうちに進行し歯肉からの出血などが起こった後、歯が自然に抜け落ちるほど重症になることがあります。歯を失う80%以上の原因は歯周病もしくはむし歯によるものです

歯周病のケア

歯周病の治療の1つが歯磨き

歯周病は細菌感染から歯を支えている周りの組織がダメージを受ける病気です。まず、歯周病の治療はお口の環境を改善していくことから始めていきます。歯磨きによってどれだけ細菌を減らせるかが、歯周病治療の鍵ともなります。唯一自宅でできる治療法が歯磨きなのです。

歯垢除去

歯周病の原因である細菌、すなわちそのかたまりであるプラークを取り除くことは、そのまま予防にもつながります。プラーク中には、むし歯の原因菌もいますから、むし歯の予防にもつながります。

歯磨き粉を選ぶ

1.研磨剤が入っていない
研磨剤とは、歯の表面の着色を落とす為のものなので歯周病などで歯茎が弱ってしまっている方には必要のない成分です。

2.薬用効果のあるもの
歯周病の方は、歯石や歯垢(プラーク)によって歯ぐきが炎症を起こしています。つまり、歯ぐきが弱っているということです。酸化ナトリウムには歯ぐきの血行をよくしてくれる成分が含まれているのでオススメです。

治療方法

歯周病治療には様々な方法があり、人によってはその治療方法が異なってきます
当院では、その人に対して適切な治療方法をご案内し
診察から治療、その後のケアもサポート致します。

口の中に少しでも違和感、気になる事がございましたら、当院にお気軽にご相談ください。
何事にも早期発見!早期治療が大事です。

メール相談フォーム

●お名前: ※必須
●性別:  男性 女性  
●年齢:  
●メールアドレス: ※必須
●電話番号: ※必須
●ご相談内容:
(ご相談内容をお知らせ下さい)
※必須
●ホームページ公開:
(ご相談内容をホームページでご紹介しても構わないですか?)
 構わない  

診療時間

診療時間:9:00~13:00

15:00~19:00

木曜・土曜は午前のみ

休診日:木曜午後・土曜午後

第3土曜・ 日・祝日

アクセス

マップ

クリックすると拡大します

治療の流れ

福岡市 さかもと歯科医院の治療の流れがわかります。「歯なんか、痛くなければ良いんだ!」とおっしゃる患者様には向いてないかもしれません。

院内ツアー

福岡市 さかもと歯科医院の中をのぞいてみませんか?待合室から診察室まで、ご紹介します。

診療科目

お困りの症状が福岡市 さかもと歯科医院で解決出来るかが分かります。福岡市 さかもと歯科医院では、歯科・小児歯科・矯正歯科・審美歯科を行ってます。